フルハシ環境総合研究所からのニュース・イベントレポートを発信しています。

ニュース・イベントレポート News & Event

RSS

フルハシ環境総合研究所ホーム > ニュース・イベントレポート

【3月28日開催】名古屋藤原塾 開催のご案内

2019/03/18 

今年度最後の藤原塾です。皆様どうぞご参加ください!

----------------------------------
「藤原塾」は、経済アナリスト藤原直哉氏を講師として招き、全国各地で開催されている勉強会です。
名古屋ではフルハシ環境総合研究所が事務局を務めています。
取り上げるテーマは、経済・金融・政治・外交・社会・文化などの幅広い分野に関する「時事問題」
「リーダーシップ」「経営」についてです。
志高い仲間が集う、ライブ感あふれる講演です。
講演後は藤原先生を囲む懇親会も開催いたします。


----------------------------------------
≪第114回 名古屋藤原塾 ~わかる、わかる。経済の未来~ ≫
■日時
  2019年 3月28日(木) 16:00~18:20 

■講師
  藤原直哉氏
   経済アナリスト、株式会社あえるば代表取締役会長。
   東京大学経済学部卒業。住友電気工業株式会社入社。
   経済企画庁出向後、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社入社。
   現在、独立系シンクタンクとして政治・経済を分析。全国各地で藤原学校・藤原塾を開催。

 【株式会社あえるば ホームページ】http://www.fujiwaraoffice.co.jp/
 【藤原直哉のインターネット放送局】http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/

■講演テーマ
第1部:不景気が急激に広がる日本と世界
   -世界の構造転換で何が起きるか-
第2部:株主のための経営から従業員のための経営へ
   -世界で大転換する経営の目的-

■場所
  名古屋都市センター14階 会議室
   名古屋市中区金山1-1-1(JR・名鉄・地下鉄「金山駅」南口すぐ)

■参加費
  受講料 事前振込み    9,000円
      当日現金支払   10,000円

 【振込先】
  三菱UFJ銀行 上前津支店 普通口座1881140
  (株)フルハシ環境総合研究所 
  カ)フルハシカンキョウソウゴウケンキュウジョ

■お申込み方法
  お申込みされる開催日・ご芳名・御社名・お役職・ご連絡先(TEL、FAX、E-mail)をご記入の上、
  メールinfo@fuluhashi.jp宛にご連絡ください(担当:恒川)。

事業者向けSDGsセミナー開催のご報告

事業者向けSDGsセミナー開催のご報告

2019/02/28 

2月26日、新宿区立環境学習情報センター主催の事業者向けSDGsセミナー『企業が持続的に発展するために ~「事業の発展」=「社会的課題の解決」~』において、弊社代表の浅井が講師を務めました。

第1部では、こども国連環境会議推進協議会 飯田貴也氏による「2030SDGsゲーム」のワークショップを実施、
弊社代表の浅井は第2部の講義を担当し、「SDGコンパス」や先進企業の事例をもとに、企業のSDGsへの取り組み方についてお話しさせていただきました。

セミナーには20名を超える参加があり、このテーマについての関心の高さが感じられました。


弊社では、お客様のニーズに合わせたSDGs研修、
SDGsコンサルティング・サービスをご提供しています。

セミナー内容についてのお問い合わせ、
研修・SDGs戦略策定のご相談など、
どうぞお気軽にご連絡ください!
(お問い合わせ先はページ下方をご覧下さい)

事業者向けSDGsセミナーのご案内【東京】

事業者向けSDGsセミナーのご案内【東京】

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2019/02/07 

新宿区立環境学習情報センター主催の事業者向けSDGsセミナー
『企業が持続的に発展するために ~「事業の発展」=「社会的課題の解決」~』において、弊社代表の浅井が講師を務めます。
どうぞご参加ください!

----------------------------
『企業が持続的に発展するために
 ~「事業の発展」=「社会的課題の解決」~』

●事業と社会の持続的な発展を目指し、SDGsを活用する方法を学ぶ
 SDGsは、2030年に向けたあるべき姿を17の目標・169のターゲットを設定し、すべてのセクターに行動を要請しています。企業は、CSR課題を特定し、事業戦略と一体化して取り組みを推進するための最良の指針としてSDGsを活用できます。2回の講座で、経営に取り込む方法をしっかりと学んでいただけます。

■日時:2019年2月26日(火)13:30~16:00(受付開始 13:00)
■定員/費用:30名(先着順に申込みを受け付けます)/参加無料
■講師:
 こども国連環境会議推進協議会 経営企画委員 飯田 貴也 氏
 株式会社フルハシ環境総合研究所 代表取締役 所長 浅井 豊司 氏
■会場:新宿区立環境学習情報センター2階研修室
■内容:
 1.SDGsとは?
 2.ワークショップ「2030 SDGsゲーム」
  2030年の世界がどうなっているのかをシミュレーションする体験型プログラム
 3.SDGコンパス~企業はSDGsの行動指針をどう使えばよいか~
 4.企業事例 
 5.質疑・情報交換

■主催:新宿区立環境学習情報センター
■共催:新宿区エコ事業者連絡会

※詳細は下記を下記をご覧ください。
新宿区立環境学習情報センター

-------------------------

■お申し込み・お問い合わせ■
新宿区立環境学習情報センター
 電話: 03-3348-6277 FAX: 03-3344-4434
 E-Mail: info@shinjuku-ecocenter.jp


フルハシ環境総合研究所では、研修やワークショップ、
SDGs戦略策定のコンサルティングなど、
企業のSDGs推進をサポートするメニューを展開しています。
詳細はお気軽にご相談ください。

【1月24日開催】名古屋藤原塾 開催のご案内

2019/01/09 

新年1回目の藤原塾です。2019年の日本、そして世界を展望します。
どうぞご参加ください!

----------------------------------
「藤原塾」は、経済アナリスト藤原直哉氏を講師として招き、全国各地で開催されている勉強会です。
名古屋ではフルハシ環境総合研究所が事務局を務めています。
取り上げるテーマは、経済・金融・政治・外交・社会・文化などの幅広い分野に関する「時事問題」
「リーダーシップ」「経営」についてです。
志高い仲間が集う、ライブ感あふれる講演です。
講演後は藤原先生を囲む懇親会も開催いたします。


----------------------------------------
≪第113回 名古屋藤原塾 ~わかる、わかる。経済の未来~ ≫
■日時
  2019年 1月24日(木) 16:00~18:20 

■講師
  藤原直哉氏
   経済アナリスト、株式会社あえるば代表取締役会長。
   東京大学経済学部卒業。住友電気工業株式会社入社。
   経済企画庁出向後、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社入社。
   現在、独立系シンクタンクとして政治・経済を分析。全国各地で藤原学校・藤原塾を開催。

 【株式会社あえるば ホームページ】http://www.fujiwaraoffice.co.jp/
 【藤原直哉のインターネット放送局】http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/

■講演テーマ
第1部:本格的に広がる世界のバブル崩壊とその行方
   ―2019年の日本と世界はどうなるか―

第2部:これから本格化する仁時代のトレンド
   ―時代の節目の先に広がる新しい世界―


■場所
  名古屋都市センター14階 第3.4会議室
   名古屋市中区金山1-1-1(JR・名鉄・地下鉄「金山駅」南口すぐ)

■参加費
  受講料 事前振込み    9,000円
      当日現金支払   10,000円

 【振込先】
  三菱UFJ銀行 上前津支店 普通口座1881140
  (株)フルハシ環境総合研究所 
  カ)フルハシカンキョウソウゴウケンキュウジョ

■お申込み方法
  お申込みされる開催日・ご芳名・御社名・お役職・ご連絡先(TEL、FAX、E-mail)をご記入の上、
  メールinfo@fuluhashi.jp宛にご連絡ください(担当:恒川)。

年始のご挨拶

2019/01/07 

明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のお引立てを賜わり、厚くお礼申し上げます。

SDGs・ESG投資の圧倒的な波及力には目を見張るものがあります。これまで地道に取り組まれてきた企業の環境・CSRは「社会的」評価を受けてきたフェーズから、一気に「経済的」評価を受けるフェーズに相転移したと言えます。

節電・ごみ分別・裏紙利用など牧歌的な環境取り組みはすでに過去のものになり、これからは戦場ともいえるような壮絶な脱炭素競争時代が到来します。CDP(CO2に関する情報公開プロジェクト)に参加する投資家等の資金はすでに兆の単位を超えて1京円にも達しており、先進企業はすでに脱炭素の長期目標を達成するための具体的な行動を展開しはじめています。

この大きな時代の節目のなかで、「目指す方向性は共有されているものの、具体的なアクションを起こすための受け皿が充分に整っていない状態」は、ひとつのビジネスチャンスと捉えることができます。例えば、再生可能エネルギーを100%使用している(または使用することを約束している)企業は「RE100」と呼ばれていますが、その需要を供給できるだけのエネルギー量やユーザーが希望する料金は一部でしか実現できていません。
今後、電気自動車社会やシェアリング・エコノミーなど脱炭素をキーワードに事業を転換しなければ企業は生き残れない状況になることが予想されます。このひずみのなかに様々な市場が生まれると考えています。

私たちフルハシ環境総合研究所では、脱炭素化に向けての事業統合やCSR体制の構築など、環境・CSR・SDGsに関する課題解決に貢献いたします。
是非、皆様のご要望を聞かせてください。よろしくお願いいたします。

最後に、本年が皆様にとりまして更なる飛躍の年となりますことを、お祈り申し上げます。


2019年1月7日
株式会社フルハシ環境総合研究所
代表取締役所長 浅井豊司

実績
すべての実績
セミナー・講演
環境経営・CSR の重要性
環境・CSR に取り組み、ステークホルダーへと伝えていくことは「企業価値」を高める重要な要素です。

フルハシ環境総合研究所の最新求人情報は、ニュース・イベントレポートをご覧ください。